人生大器晩成 サッカー坊主と夢のアルゼンチン移住の道

12歳で日本を離れサッカーに挑戦する男子、シニアでアルゼンチンに渡り大器晩成をデザインする父の日々。

【アルゼンチンの11人制】今日は見学でJamon&Queso @いつものグランド

先日のケガで戦線離脱、でも試合は見に行こうって話をしていた。

家にいても退屈なだけだし、そもそも動けるから大丈夫。

 

 

 

 

1.今日は天気のいい日曜日

 

サッカーが無くなると何をすれば良いのかもわからない。家にテレビがないし、テレビがあったところで何が何だか言葉もわからないからね。

 

f:id:NOV2008:20220620100533j:image

 

朝の登校で通る交差点も今日は交通量もまばら。いつもは薄暗い中を渡る道路も今日はゆっくりの時間帯なので、健康的な画像になった。定点で画像を撮っていくと、季節の移り変わりがわかるから楽しいんだよね。

 

 

2.グランドに到着

 

試合にエントリーされていないけど、集合時間にグランドに到着。早速、試合前のミーティングルームに案内されて、中から歓迎の拍手が聞こえてくる。ハルのケガを励ます拍手だったみたい。


f:id:NOV2008:20220620100515j:image

 

私服で試合前のアップにも帯同する。ケガで出られないけど、仲間を思う意識は日本もアルゼンチンも変わらないんだなって実感する。観に来て良かったなって思える瞬間だし、逆の立場ならこうありたいって思う。

 

 

3.観戦モードに入る

 

チーム仲間はピッチ内に入っていく。なので、腹ごしらえしながら観戦することにした。丁度、昼食の時間なのでお腹が空いてしまうのはいつものこと。

 


f:id:NOV2008:20220620100520j:image

 

Jamon&Queso

 

ハムとチーズを挟んだメディアルナ。パンは既製品っぽいけど、フカフカしたメディアルナが罪悪感を超えるほどに美味しい。グランドで食べるからかもしれないけど、今まで食べたものとは別物だった。

 

 

4.他でも良く見かけることになる

 

KIOSKO(アルゼンチンの売店)でも同じものを見かける。完成品として仕入れる既製品なのかもしれない。しかも300ペソ程度(当時1円=0.90ペソ)とさほど高くないのもいい。


f:id:NOV2008:20220620100529j:image

 

わざわざ半分にカットしてもらった。13歳も気に入ったらしく、半分にする必要もないくらいに食べてくれた。軽いパンって日本っぽさがあったし、久しぶりの感覚だったからすぐに食べてしまっていた。

 

 

5.そして来週から練習再開

 

二週間の安静期間も終わったので、次週から練習に参加することになる。たかが二週間とはいて、調整を含めるともう一週間は助走期間だと思う。


f:id:NOV2008:20220620100652j:image

 

記念の戒めという意味で、この固定器具はしばらく保管する。石膏で作る様を見ていて親子で目を見合わせたやつ。ギプスかと思ったら首から吊る時に固定しやすいように作ってくれていたやつ。

医者が目の前で作る固定器具。当たり前だけど医者も器用じゃないと勤まらないんだろうなっていう現実を直面してしまった気がする。普通に動けるようになってくれて良かったなって心から思うし。

 

 

6.noteも更新しています。

 

note.com